東京と沖縄間の引越し料金はどのくらいかかる?安く引っ越す方法はコレ!

沖縄と東京と言えばかなりの長距離となります。この距離で引越し荷物を運ぶとなるとそれは相当な料金がかかることが予想されますよね。

東京⇔沖縄の引越しを予定している方は引越し料金のことを想像しただけで頭が痛くなっているのではないでしょうか。

沖縄と東京の長距離引越しの費用は?

引越し料金は遠距離になると基礎運賃(100km以下時間制、100km以上距離制)が近距離に比べると高くなります。東京から沖縄または沖縄から東京の移動距離は約2100kmほどとなり、海を渡るのでフェリーなどを利用することになります。フェリー料金は引越し業者負担ではなく『あなた』が負担しなければなりません。

東京-沖縄の引越し料金の相場

では、一般的な引越しの手段「チャーター便」を利用する東京⇔沖縄の引越し料金の相場はというと、

  • 単身者で荷物が少ない方は軽トラック・作業員1名で21万円~33万円ほど、
  • 単身者でも荷物が多い方は2tトラック・作業員2名では40万円~64万円程、
  • 大人二人では3tトラック・作業員2名で54万円~85万円程、
  • 3~4人家族なら4tトラック・作業員3名で72万円~115万円ほど

となっています。

引越しでかかる日数は5.5日(東京で荷物を積み込んで、沖縄で作業を終えてから営業所に戻るまでのトラック使用日数) と日数もかなりかかります。

東京から沖縄の引越しをチャーター便で行う場合、フェリーの使用方法などによって使用日数や引越し料金が大きく変わるので注意が必要です。沖縄本島以外の島に引越しとなると上記料金よりさらに高くなることもあります。

チャーター便を利用するとかなり高額となるので、料金を抑えたい方は「帰り便」「混載便」「コンテナ便」を利用してみてはどうでしょうか。

チャーター便以外の東京-沖縄の引越し料金

  • 単身者でも荷物が少ない方は2tトラック・作業員2名では8.5万円~22万円ほど
  • 単身者でも荷物が多い方は2tトラック・作業員2名では16万円~25万円ほど
  • 大人二人では3tトラック・作業員2名で22万円~57万円ほど
  • 3~4人家族なら4tトラック・作業員3名で30万円~77万円ほど

となっています。

「帰り便」とは、別のユーザーの沖縄県近辺から東京都近辺の引越しが終了したトラックと作業員で行う引越しのことです。
「混載便」とは、東京から沖縄への引越しと同方向の別のお客の荷物と混載することです。
「コンテナ便」とは、引越し荷物をコンテナに積載して、鉄道会社・海運業者と東京や沖縄の運送業者が連携して安く引越しをすることです。

帰り便・混載便・コンテナ便は他の引越しの方との兼ね合いになるので、荷物の搬入日はさらにかかります。ご自分の引越し料金がいくらかかるのかを知るには、見積りをしてもらしかありません。

細かなことを知りたいのであれば訪問見積もりが一番良いです。訪問見積もりは面倒臭いと思うかもしれませんが、これほどの遠距離引越しをするのですから後悔しないよう打ち合わせなどをしてください。

そしてその際に大事なことは他社の見積もり金額を知っておくことです。

そうしておけば提示された見積もり金額が高いか安いか判断できますし、「A社では、ウン万円だったんだけど」と簡単に交渉することも可能になるからです。

比較すると業者間で料金が驚くほど違うことがあなたにもわかります!

無料で利用できる一括業者見積もりで必ず料金を比べましょう!

上記の見積もり一括サービスを利用して引越し費用の平均を知ることが安く済ませることの第一歩ですよ。
そしてもちろん比較をしましょう。

誰もが一度は住んでみたいと思うことがあるのではないでしょうか、その土地は沖縄!。南国の島と椰子の木なんていうイメージを思い浮かべてしまいますよね。
最近は地震などの災害が少ない?ということでも沖縄は注目をされるようです。IT関連のデータセンターは地震が少ないことから沖縄に多いと聞きますよね。また仕事のスタイルの多様化により住むところにとらわれずに仕事をすることができるようになった時代です。憧れの沖縄に東京から移り住んでSOHOを構えて仕事をしている人達もたくさんいます。
そして仕事を定年して石垣島に移り住むなどの第二の人生をおくっている人達も多いのですよね。東京という大都会に住んでいる人たちが沖縄に移住することに憧れるというのもわかりますよね。

コメントは受け付けていません。