東京と福島間の引越し料金はどのくらい?【もっと安い引越し専門業者を見つけるならコレです!】

引越し料金はおおまかに言うと荷物量と距離、使うトラック、作業員の人数などで決まります。東京と福島は直線距離でおよそ230キロ、専門業者に頼んだ場合のおおよその料金目安はこの程度となります。

単身一人暮らしの場合は、引越し会社の単身パックを利用するのが良いと思います。日通の単身パックSなら2万円程度で利用できます(ただしはじめて実家を出るなどの荷物がとても少ない、大きな荷物が無いということが絶対条件となります)。

家族二人の荷物量が標準の引っ越しの場合、9から15万円

家族四人の引っ越しの場合、10万円以上 (価格.comや引越し価格ガイドなどの料金を参考にしています)

料金は引越しシーズンや休日、サービス内容、引越し時間などによって料金が高くなってしまうものですので上記の金額はあくまで参考程度としてください。

東京と福島間をもっと安く引越しするにはコレ!

引越し業者の価格は決して各社横並びの金額ではありません。むしろ安いところと高いところの差が激しいと言ってもよいと思います。

冒頭で目安的な費用をご紹介しましたが、10社程度の見積もりを取寄せて比べてみましょう。

目安料金よりも数万円は安い業者を見つけることが出来ますよ。

引越し料金は業者によって最大4倍違うことも!

東京と福島間の距離は200キロを超える長距離ですので、それなりの引越し料金となります。 引越し相場と言われるように引越し料金は業者によってずいぶんと変わってきます。

安いところと高いところでは最大で3倍から4倍違ったこともありました。どこが安いのかを知るには見積もり書を比べてみるのが一番確実です。引越し料金で損をしないためには無料で使える引越し見積もり一括取得サービスを利用しましょう!

東京⇔福島間の引越し業者の探し方、選び方

引越をしようと思い立った時、まず始めに行うことが、引越業者探しという人は多いのではないでしょうか。

引越の日時が確定している場合には、できるだけ早く引越業者の手続きを進めないと、自分の希望通りの引越日時で契約をする事ができませんから、少しでも早く、引越業者の選定に入りましょう。

引越業者を選ぶ場合、ただ単純に、安いからという理由だけで選んでしまってはいけません。引越業者毎に、サービスに違いがありますし、金額だけではなく、運搬方法や、運搬するスタッフ、信頼できるかどうかなど、様々な観点から業者を比較し、失敗のないように進める事ができるような業者選びをする事が大切となるのです。

引越しをする機会というのは、それほど多くはありません。何らかの転機を迎えた時のみであるという人が多いため、転勤族でなければ、引越しを行ったことがある数としては、2回から3回程度であるという人が非常に多いとされています。そのため、知識や経験が豊富であるわけではなく、その時によって、業者選びをする事になりますから、できるだけ信頼できる業者を選ぶことが大切であると言われています。

東京⇔福島間の引越しは、荷物を梱包し、運搬するだけではありません。役所や学校など、様々な手続きをしなければいけませんし、荷解きも含め、引越が全て完了するまでには、非常に時間がかかることになります。ですが、業者によっては、オプションとして、梱包から荷解きまで行ってくれるような業者もありますし、ネットの回線をつないでもらうことができたり、新居や、今まで住んでいた住居の掃除をしてくれるようなオプションを設けている業者もあります。

時間がない人や、子どもが小さい人、お年寄りなどは、このようなオプションを利用し、少しでも引越による負担を軽減することで、引越の中で大変と呼ばれる作業を省くことが出来ます。もちろん、オプションとして追加する項目が多ければ、それだけお金がかかることになりますが、少しでも手間を省くことができる業者選びをするのも、良いでしょう。

東京-福島間に引越しにまつわる手続きのいろいろ

細かい手続きについて

ここまでで大きなインフラ関係の使用手続きは終わりました。次に細かい手続きについて見て行きましょう。ますは固定電話の住所変更。固定電話の引越し手続きですが、お引越し先の住所が決まり次第116番へ電話して固定電話の引越し申し込みをしておきましょう。移転工事が必要となりますので工事の日程予約もこの時点でしておくと後で楽です。今時ならみなさん携帯電話をお持ちでしょうからそれ程焦らなくても良いかも知れません。ただどうしても仕事で必要な方は早めに手続きをしていて間違いはありません。

次に郵便物の転送手続きですが、簡単ですのでこれもお引越し先が決まり次第手続きしておきましょう。インターネット若しくは近くの郵便局からの申し込みとなります。用意する物は特にありませんし簡単な記入で終わりますので必ず済ませておきましょう。今ご実家に住んでおられる方は急いでこれをする必要も無いかも知れません。時間に余裕がありなおご実家にお住まいの方や、現在も一人暮らしをされている方は是非早めに済ませておいて下さい。その他衛星放送や新聞・雑誌など定期購読しているものなども忘れないように一括で使用停止若しくは住所変更の手続きをしておきましょう。携帯電話の住所変更については急ぐ必要はなく引越し後でも間に合いますが出来るなら引越し前に済ませておくのが良いと思います。各携帯会社へ電話一本するだけで済みます。

クレジット会社や各銀行への連絡ですが、まずクレジット会社への連絡を優先させて下さい。先延ばしにしていますとクレジットカードが一時利用不能になったりします。反対に銀行のキャッシュカードなどはお引越し後でも構いません。ただお引越し後2週間位をめどに済ませておきましょう。引越し前の手続きについて色々挙げて参りましたが、実際作業をするにあたり完璧には行かないかも知れません。引越しにかかる作業は中々膨大です。是非焦ることなく一つ一つを丁寧に少しずつ片付けて行って下さい。

引越し後は2週間以内に

同一市区町村内でお引越しの方もそうではない方も、引越し後は2週間以内に所轄の市区町村役場へ出向き「転居届」または「転入届」を提出しなければなりません。2週間経ちますと過料が発生する場合があります。またこれらはそれぞれ同一市区町村内にお引越しの場合、別の市区町村へのお引越しの場合に必要となります。

手続きに持って行く物としては、免許などの身分証明証、印鑑、転入届の場合には前の市区町村が発行した転出証明書、年金手帳となります。転出証明書を紛失された方は引越し元の役所へ電話連絡すると代用証書を再発行してもえますが、郵送に日数がかかりますので出来るだけ失くさない様にしましょう。それから住民基本台帳カードをお持ちの方はそれを持参して下さい。またご本人でなく代理の方が手続きに行く際は委任状が必要となります。転入手続きの際に一緒に済ませておきたい手続きとしましては、健康保険への加入、印鑑登録、国民年金、老齢年金、子供手当てなどです。あまりに多くの手続きがあり混乱する場合は事前に役所へ電話連絡し何が必要になるか聞いておきましょう。

まだ住民基本台帳カードをお持ちで無い方はせっかくの機会ですのでここで一緒にカードを発行してもらいましょう。ICチップ搭載のクレジットサイズのカードですが、各行政機関では身分証明として通用しますし、カードリーダがあればご自宅からインターネット経由で各種行政手続きの申請が出来たりします。また役所でも順番を待たず自動で住民票などを発行してもらえるサービスが利用できたりもします。500円程度の発行手数料はかかりますが住基カードは持っていて損はありません。最後に住民票は何枚か発行してもらっておいて下さい。各種身分証の住所変更手続きが終わるまでは、これを新住所の公的記載証明書として使用する機会が多く出てきます。

国民健康保険の資格喪失届け

国民健康保険に加入している場合、引越する際には国民健康保険の資格喪失届けを必ず提出しなければなりません。国民健康保険の資格喪失届けも基本的に引越す前日までか、引越をしてから14日以内の提出が義務づけられているので転出届けを出す時に必ず一緒に行うようにしましょう。

引越を行ってからの提出も可能ですが、提出する先が引越前に住んでいた市区町村の役所となるので、遠距離の引越をする場合など引越前に住ませておくことが望ましいと言えます。国保の資格喪失届けの提出には身分証明書と印鑑、国民健康保険証が必要です。同じ市区町内での引越であれば国保の資格喪失届けを出す必要はありません。

ただし、住所変更は忘れずに行ってください。住所変更は引越した後に行うので、この際に国保の住所変更も行うようにすると良いでしょう。

また、国民健康保険の資格喪失届けと同じくらい忘れてしまいがちなものに郵便物の転送手続きがあります。役所で住所変更手続きをすることで安心してしまう人が多いようです。しかし、郵便物の転送手続きを忘れてしまうと郵便物は新居に届かなくなります。転送手続きは転出届や国保の資格喪失届けとは違い、受付開始の規定が無いので引越が決まったらすぐに行っておくことをお勧めします。

手続きというと何か面倒なもののように思いがちですが、こちらは郵便局で転居届のハガキをもらい、必要事項を記入して郵便局に持って行くだけです。転居届のハガキをもらいに行くのが面倒だとおっしゃる方にはインターネットで転送手続きをする方法もあります。

コメントは受け付けていません。