たくさんある!引越の手続き関係

電気・ガスの手続きを忘れずに

引越しをする訳は、進学、就職、転勤、結婚などさまざまですよね。ほとんどの方は頻回に引越しをする訳ではないので、引越し先が決まってもその後何をしたらいいのはわからない方も多いのではないでしょうか。引越しの前にやらなければいけない手続きの一つは電気・ガスの連絡です。電気の手続きは契約している電力会社に電話もしくはホームページで行います。だいたいは一~二週間前に連絡しておいたほうが良いのですが、当日でもOKです。ただ、当日の場合は電話でしか手続きはできません。手続きの際は氏名・現住所・引越し日時・引越し先住所・お客様番号(電気使用量のお知らせなどに記載されている)が必要となります。電気料金の精算は引越し当日に電力会社の人に来てもらって、日割り計算で現金で支払います。電力会社の人が来れないもしくは支払えないときは引越し先に請求書が送付されます。

ガスの手続きは契約しているガス会社に引越しの一~二週間前に行います。最低でも二日前までには済ませておきましょう。手続きは電話もしくはホームページで、氏名・現住所・お客様番号・電話番号・引越し日時・引越し先の住所を伝えます。ガス料金の精算は当日、ガス会社の人に来てもらって現金で支払います。もし、都合が悪いときは引越し先に請求書を送ってもらうこともできます。電気・ガスの手続きをするとき精算方法も確認しておいたほうが良いでしょう。新居でも当然電気・ガスを使用しますよね。ガスはガス会社に開栓してもらう必要があります。早めに連絡しておかないと引越し後、使うことが出来ないなんてことになります。電気の場合はブレーカー操作で使用が可能です。ただ『電気使用開始申込書』というハガキを送付しなければいけません。電気・ガスは使えないと何かと不便です。新居で快適に過ごせるよう手続きを忘れずにしましょうね。

水道の引越し手続き

引越しでガス・電気の手続きが済んだら水道の手続きも忘れずにしましょう。水道は引越しの1週間前までに行えば良いです。遅くても引越しの2日前までに行いましょう。ただし日・祝は受付ていないところもあるので気をつけましょう。水道局、または市区町村役場の水道課に電話もしくはホームページから手続きを行います。ホームページでの水道使用中止・開始の手続きは24時間受けつているいるようですが、実際の処理は水道局の営業時間内となっているようです。急いでいる場合やうっかり手続きをしないで引っ越してしまったときは電話での手続きになります。水道の引越し手続きで必要な物は、契約者の名前と現住所、新居の住所、引越日時、連絡先となります。

なお、マンションなどで水道局から直接料金などの請求がされていない方は、引越しに関する手続きを行う必要はありません。手続きが必要かどうかは水道局またはマンションの管理人などに確認してください。住んでいたところの水道使用量の支払いは日割り計算となり、水道局の人がメーターを確認後、現金で支払います。引越し先が同じ区内や市の場合、口座振替で支払うことができる場合もあるので事前に確認したほうがよいでしょう。引越し先で水道を使い始めるたら『開始申込ハガキ』に必要事項を書いてポストに投函してください。もし、わからないことがあったときは水道局に連絡しましょう。

固定電話の引越し手続きも忘れずに

携帯電話をほとんどの方が持っていますよね。携帯電話があるから固定電話をつけていないという方もいるかも知れません。しかし、固定電話をまだまだ利用している方も多くいらっしゃると思いますので、簡単に固定電話の引越し手続きについて説明したいと思います。なおここでの固定電話はNTTとなりますのでお間違いにように。引越し日が決定したら116番へ電話をするか、インターネットで手続きを行います。電話で手続きは土・日・祝日は関係なく午前9時から午後9時まで受けつけています。手続きには契約者氏名・電話番号・現住所・新居住所・移転希望日などを伝えます。引越しで電話番号が変わる場合は、旧電話番号にかかったとき、新電話番を音声案内してくれます。3ヶ月無料で行なってくれます。

 

また、1週間は旧居と新居で電話が使えます。サービスを利用したい時は手続きをするときに伝えてください。固定電話の工事費に2.100円かかります。新居によって、回線が通っていないときは工事費は高くなる可能せがあるので事前に確認してください。新居では固定電話を使わないというときは休眠することもできます。NTTにその旨を伝えると後に利用休止承り書が送付されてきます。

インターネットの引越し手続き

自宅でインターネットがつながっているのは当たり前の今、家に入ったらすぐにパソコンに向かうという方もいるのではないでしょうか。引越しが決まったら、新居で快適にインターネットやメールをできるように早く手続きをしましょう。利用しているプロバイダーに2~4週間前に手続きを始めます。プロバイダーによって引越しの手続きは違うと思います。手続きの流れを簡単に説明するとNTTの『116番』に電話して、固定電話の移転手続時にインターネット利用を伝えます。

次に利用しているプロバイダーに連絡して手続きを進めます。そして新居での電話回線・インターネット回線の工事をしてもらいます。新居がマンション・アパートの場合はプロバイダー契約をしている場合があるので、入居契約のときに確認しておいたほうが良いでしょう。時期的に工事が混みあうときは利用できるまでに数週間かかるときがあるので早め早めに行動しておいたほうが無難です。また、手続きの際「いまの所で何時まで使えるのか?」「工事には立ち会いが必要か?」「新居でいつから使えるのか?」などを確認しておきましょう。繰り返しになりますが、インターネットの引越しはときによって時間と手間がかかるので引越しが決まったら即刻行動したほうが良いでしょう。

転出・転入届

引越しは住んでいるところの荷物を運び出すことに集中しがちですが、いろいろな手続きが必要になります。「手続きと聞くだけで面倒…」と思ってもやらなければいけないのです。手続きの代表は転出・転入届けです。転出届は引越し日の14日前から市区町村役所で受けつています。届には印鑑と身分証明書が必要です。同じ市区町村内での引越しは転居届を提出することで住所変更は完了となります。違う市区町村に引っ越す場合は、転出届を提出したら転出証明書が発行されます。受け取った転出証明書を引越し日から14日以内に新住所となる市区町村に提出します。転出届をしなかったり、紛失してしまった場合は元の市区町村役所に行かなければならないので忘れずに、証明書は大事に保管しておきましょう。

 

役所での引越し手続きは転出・転入届だけではなく、各市町村区役所単位で行われている手続きもあるのです。乳幼児医療費受給者証や児童手当、老齢年金など福祉関係の手続きや、畜犬登録の手続きなども、住民票の変更の際に一緒に手続きしておきましょう。その他に印鑑登録、国民健康保険や国民年金も住所手続きを行います。市区町村役所での手続きが多いので、何度も足を運ばないように必要な手続きや持参するものはチェックしてから出かけましょう。

各官庁への届出【引越しの手続き】

引越しの際には、市区町村役所での手続きの必要があります。引越しするエリアにより、手続き方法が若干異なります。まず、旧住所の所轄の役所で転出証明書を発行します。その際には、旧保険証を返却しておきます。新住所の所轄の役所へは、まず、転入届を提出します。それには、前住所の所轄の役所で取り寄せた転出証明書・印鑑・国民年金手帳・身分証・代理人が手続きに行く場合は、委任状を持参します。転入届の他にも、国民健康保険及び国民年金加入の手続きもします。

印鑑登録をされる場合は、登録手続きを行います。その際に必要なものが、登録する印鑑・免許書等の身分証明書・代理人の場合は、委任状です。他の市区町村へ引越す場合は、引越し当日までに旧住所の市区町村役所に子ども手当受給事由消滅届を提出します。届出の際に必要なものは、印鑑です。新住所の市区町村役所で子ども手当の認定の申請をします。自動的に認定されないので、手続きがないと受給できません。気を付けましょう。届出の際に必要なものは、印鑑・受給事由消滅届・認定請求書です。できる限り1度で済ませてしまい、効率よく手続きをします。手続きをリストにまとめておけば、それを確認しながら順番にできます。一つずつ確実にして、くれぐれも漏れがないようにしましょう。

役所や公共機関への届出は、一般的に普段はしない手続きですし書類が多いので、手続きは煩雑です。事前に問い合わせてして確認しておいた方がよいです。仕組みが分かっていないと、どんな手続きが必要か分からないので、理解はしておくようにしましょう。行政関係の手続きには、ほとんどの場合、印鑑が必要になってきますので、手続きをしに行く際には、持参するようにしましょう。

公共機関の手続き【引越しの手続き】

公共機関の手続きですが、電気・水道・ガスなどの続きについては、すぐに必要となります。それぞれの事業者に連絡して旧居の使用中止手続きと新居の使用開始手続きを行う必要があります。電気は電力会社、水道は水道局、ガスはガス会社に連絡をします。引越し当日にそれぞれの担当者が来て料金の確認・精算を行います。電気は、引越し先に備え付けの電気使用申込書に必要事項全て記入してポストに入れます。それをもとに契約されます。水道は、メーターを確認し精算をします。ガスも、メーターを確認します。ガスの元栓を開けるとともに安全点検の立ち合いが必要となります。ガス栓を止めて料金の精算を行います。ガスは危険を伴うからです。

その他には、電話の移転手続きがはあります。もちろん電話会社へ連絡をします。電話線が引き込まれていないなら、引き込む工事が必要となります。この引き込み工事にも立ち会いが必要です。

しかし、重要書類など一部転送不可な郵便物があります。そういった送付してくる可能性のある方々へは、早めに新住所の変更をお伝えするようにしましょう。手続きの方法ですが、いくつかあります。郵便局の窓口では、転居届を提出します。今ではインターネットでの受け付けで申し込みもできます。新居の住所が分からない場合は、専用の用紙をポストに投函するだけで大丈夫です。郵便局の窓口で転居届を提出する場合は、現住所、もしくは、旧居の最寄りの郵便局に行かれることをお勧めします。それ以外の郵便局の窓口で提出した場合、すぐに手続き完了がしない可能性があります。すごく便利なので、引越し先が決定したらすぐに行うようにしましょう。

その他の引越しの手続き

その他の手続きとして、新聞を購読されている場合、解約手続きをしなくてはなりません。最近では、インターネットで情報を得ることができるので、新聞を購読される方は減少しています。しかし、新聞を購読することにより、その地域の折り込みチラシが入っているので、見知らぬ土地を知ることができます。周りにどのようなものがあるか把握できます。その町を知るために、購読を検討してみるのもいいでしょう。旧住所にて解約する場合、販売店に連絡する必要があります。購読を継続される予定でも、配達先が変わりますので連絡は必要です。解約を連絡する際は、引越し予定日を伝えます。また、最近では、販売店によってはインターネットで購読解除の手続きができる場合もあるようです。

新住所で新しく契約するものとして、自動車やバイクを所有している人は、引越ししてから15日以内に、陸軍局で登録変更の手続きを行う必要があります。最寄りの警察署、または、運転免許センターへ運転免許の住所変更手続きも行います。その他に、インターネット、NHK受信契約などがあります。特にインターネットは、回線工事までに時間が相当かかってしまう場合もあります。引越し後ではなく、引越しする前から検討しておくとスムーズに進みます。子供がいる家庭では、転校・転入手続きが必要です。早めに学校へ必要書類を確認して揃え、手続きをします。

パスポートの変更手続きですが、住所が変わっても、手続きの必要はありません。パスポートの最後にある所持人記入欄を自分で二重線を引いて消し、訂正をして下さい。また、保険会社、JAF、生協などの住所変更もします。銀行やクレジット会社などの住所変更の手続きも順次行うようにします。このように、手続きをすることは多くありますので、できるだけ早く変更するようにしておきましょう。

コメントは受け付けていません。