埼玉⇔大阪の引越しで損したくない!安い価格の業者の探し方がコレ!

埼玉県と大阪の各都市間の引越し 関東と近畿間の引越しをされるならコレを利用するべき!

埼玉県の各市町村から大阪府へ、大阪の各都市から埼玉県への引越しでは同じサービスを提供するのに人数が多い会社と人数が少ない会社とでは、一般的には、後者のほうが利用料金は安くなります。なぜなら、会社にとって、人件費が安くなるからです。その分を、利用料金に反映させられるからです。人数を減らせば料金が安くなる、という方法を、引越しの際も応用してみましょう。まずは、引越し費用の「高値」の相場を大阪と埼玉県間の引越しについてみてみます。

大阪と埼玉間の高値相場は、引越プラン別に、単身パックが250,000円、夫婦二人パックが350,000円、家族パックが450,000円となっています。高いですね。それもそのはず、これが最高値だからです。この料金を、作業員の人数を減らすことで、どこまで安くできるかということです。

まず、作業員の人数を減らすためには、荷物の絶対量を減らさなければなりません。荷物の絶対量を減らすには、不用品を処分するしかありません。要るか要らないか分からない、といったものは埼玉県-大阪の各都市間の引越しを機に全部処分することが賢明です。そうしないと、引越しのたびに荷物が増えていきます。ただし、全部を粗大ゴミ等で処分するのではなく、まずはことごとくリサイクルショップに持っていきましょう。場合によっては、お金になる可能性もあります。故障した電化製品でも、ジャンク品として無料で引き取ってもらえる可能性もあります。本来ならお金をかけて処分するところなので、無料引き取りでもお得です。

以上のようにして減らした荷物を、今度は、なるべく同じサイズの箱に詰めます。通常に考えたら、箱に入れるべきではないものも、入るものであれば、常識を捨てて、箱に入れてしまうのです。植木などですね。こうして同じ形の箱ばかりになると、作業効率がグンと上がり、本来2人でするべき作業も、1人で済むものです。引越しの見積もりに来てもらった際に、作業員は1人で足りる旨を伝えておきます。さらに、引越し当日は、依頼主も作業を積極的に手伝うのです。手伝う旨も、見積もりの際に伝えておきます。こうすることで、上記の引越し費用も、最安値の4分の1まで限りなく近づけることができます。

埼玉⇔大阪のイチバン安い専門業者の値段を調べるならコレ! >>> Click!!

埼玉県の各市町村から大阪府へ、大阪の各都市から埼玉県への単身での引越しの場合は夫婦や子持ちカップルの引っ越しと比べるまでもなく大幅に荷物量が少ないことがほとんどなので、格安な引越しが実現できます。一例をあげると、大手・中小規模業者から単身引越しパックなどのパッケージサービスもあるので、新社会人として社員寮などへ入るなどの場合は価格的なことも比較してみては良いでしょう。

単身者向けのサービスとして単身引越しサービス(各社、サービス名称が違います)が有名ですが、一人暮らしだから何がなんでも単身パックを利用するのが良いわけではありません。割り勘便トラックに混載できるサイズの運搬用ボックスに引越し荷物を詰め込むサービスを単身パックと呼んでいるのですが、想定外に家財が多く、1ボックス(パック専用)に入りきらず荷物が残る場合、もう1つ(あるいは2つ)専用のボックスが必要になり、料金×2になってしまうのです。従って単身パックが必ずしも万人向けではないという真実を知っておいてください。

定額のイメージが強い単身パックですが、「引越しは日通」のCMで有名なワンルームパックは週末に利用すると価格が5,000円ほど上乗せされます。クロネコの単身プランはシーズン加算(最繁忙期の3月20日から)として上乗せされますので考慮に入れておいてください。ちなみにアートやアリさんマークなどの1K・1DK・ワンルーム相当のプランは要見積もりです。

旧宅から搬出した引越し荷物の搬送のサービスには割り勘便やチャーター便などがあります。遠距離の引越しでは業者によって得意な区間がありますので、そのような区間では業者の値段に高低が大きく出ますので見積もり一括比較でしっかりとチェックしてみてください。地域密着型として営業しているいわゆる中小業者(赤帽も含む)は埼玉県と大阪の各都市間を得意としている場合があります。市内や県内の近距離の輸送で早く丁寧な仕事をしてくれます。当然作業スタートから終わりまでの作業時間がスピーディーに短くなり、その分費用も安くなることに。

荷造りに必要不可欠なのがダンボールですよね。ダンボールの入手をどうすれば良いのか分からない・・・、そのように心配している方もいらっしゃるでしょうが、業者に頼んで引っ越すのであれば業者さんが届けてくれます。ほとんどの場合は料金にダンボールが含まれていて無料で貰えますが、ごく稀にダンボールが有料の業者がありますので見積もりで確認してください。他社よりも格段に安い業者に依頼しようかどうしようかと迷っている方はダンボール付帯がどのような条件なのかが、業者選びの外せないポイントになります。

残業続きだったり、や資格試験勉強でそれどころではない、、、など引越し準備の時間を確保出来ないと困ることがありますがそんな時は各業者によってサービス名が違いますが「おまかせパック」「楽々プラン」を利用してみてはどうでしょうか。そのサービス名が示す通り靴や日用品から家電に至るまで梱包してくれ新居への荷物の搬入から荷解きまで引越し業者のスタッフが面倒をみてくれるサービスです。基本プランにプラスしてオプション料金が上乗せとなりますが「こんなに楽に引っ越せる!」とリピーターが多いサービスなのです。先日の引越しで私も洒落で使ってみたのですが、噂に違わぬ素晴らしいサービスだと思いました^^。楽々パックやプランは引越しの最初から最後まで任せることもできますが、荷物搬入後は自分でやるというような一部の作業だけの利用もできますので見積もり時に問い合わせても良いでしょう。自分でやれることは自分でやれば、とても気になる料金面も安く済ますことができることになります。

コメントは受け付けていません。